車知識

無鉛ガソリン、無鉛プレミアムガソリンの違いってなに?

投稿日:

車のカタログを見ていて出てくるガソリンの種類がひっかかる・・・・

車のカタログを見ていてたびたび出てくる「無鉛ガソリン」と「無鉛プレミアムガソリン」の文字。

あまり興味がないのでたいした違いなどはないだろうと思っていました。

しかし、燃費・コスパを考えるうえで避けて通ることはできないものでした。

一度覚えてしまえば今後悩まされることはないのでここで覚えてしまいましょう。

無鉛ガソリンとは?

ガソリンスタンドでいれる「レギュラーガソリン」のこと

無鉛プレミアムガソリンとは?

ガソリンスタンドで入れる「ハイオクガソリン」のこと

めちゃめちゃ簡単でしたね。

でもどうして「無鉛」なのでしょうか?

これにはガソリンの歴史をさかのぼる必要があります。

ガソリンの歴史について

昔のことになるのですが、「無鉛」とくれば勘のいい方はわかると思います。

「有鉛」つまりは鉛(なまり)を含んでいたガソリンが以前は主流だったのです。

いつごろまで有鉛ガソリンが主流だったの?

実は1960~70年代頃の車はほとんど有鉛ガソリンを使っていました。

鉛を排出するからもちろん現在より環境に悪いです。

じゃあどうして鉛の含んだガソリンを使っていたのでしょうか?

有鉛ガソリンは当時の車のエンジンに都合がよかった

有鉛ガソリンの鉛はガソリンが燃える(燃焼)する際に激しい連鎖反応(エンジンのピストンが激しく動くイメージ)が起こる。

そうするとエンジン内でシリンダをハンマーで叩くような音(ノッキング)が発生してしまう。(昔の車に乗っているとたまにカンって響くような音を聞いたことがある人もいると思います。あれがノッキングです。)

もちろん車のエンジンの為にはノッキングがより少ないほうがいい。

そうすると考えることは、「ノッキングを防ぐものを入れる」こと。

つまり「アンチノッキング剤」が必要とされてきました。

そのアンチノッキング剤に有鉛ガソリンの鉛部分が当たります。

こうして環境よりも車の性能優先の時代があったわけです。

しかし当時は公害が社会問題になることが多く、有鉛ガソリンも公害問題として取り上げられるようになってしまいます。

有鉛ガソリンから無鉛ガソリンへの切り替えへ

公害問題をきっかけに、1975年にレギュラーガソリンの無鉛化を義務付け。

1987年にはハイオクガソリンも義務化されるようになりました。

こうして有鉛ガソリンから無鉛ガソリンにガソリンは切り替わっていきました。

当時は中古車市場は活発ではなかったけれど、あったら大変ですね。車の年数意外に有鉛タイプか無鉛タイプかも気にしなければいけなかったでしょうし。当時の有鉛ガソリン車オーナーは大変だったでしょうね。ノッキングの嵐の車に乗ることになってしまっていたかも。

疑問 レギュラーガソリン車にハイオクガソリンをいれてもいいの?

ガソリンについて調べてみると「レギュラーガソリンをハイオクガソリン車に入れるとどうなるんだろう?」またはその逆は?と思うことがあるでしょう。

しかしあらかじめ言っておきます。

結論 ハイオクガソリンをレギュラーガソリン車に入れても意味がない

ハイオクガソリンの方が高いのだからきっと少しは性能が上がるだろうと思いがちですが、間違いです。

まずハイオクガソリンを入れて初めて高性能を発揮できる「ハイオク仕様の車」があるということをまずおさえておいてください。

高性能というのは高出力や高トルク、イメージとしては加速が速かったり坂道でも力強く動く感じです。

エンジンのパワーをより強くするにはエンジンの圧縮比を高める必要があります。

ガソリンエンジンはガソリンと空気を合わせた「混合気」と点火プラグの火によって爆発して力を発生させる。

この爆発する瞬間のタイミングがとても重要になる。

なぜなら爆発タイミングがばらばらだと効率よく車に力をエンジンから伝えられなくなってしまうからだ。

この爆発タイミングに密接に関わっているのが、ガソリンの「オクタン価」というものです。

レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いは「オクタン価」です。

そしてエンジンもレギュラーとハイオクでそれぞれ最適な爆発タイミングに基づいて設計されているのです。

それぞれ専用の設計がされているのだから、あえて逆のガソリンを入れることはやめたほうがいいでしょう。

疑問 ハイオクガソリン車にレギュラーガソリンを入れたらどうなるの?

それでも初心者の中にはわからないから「とりあえずレギュラーガソリン入れておこう」と親のハイオク車にレギュラーガソリンを入れることもあるでしょう。

結論からいうと、「壊れません」。

現在のハイオクガソリン仕様のエンジンは燃焼のタイミングと実際の爆発のタイミングを読み取って、自動的に調整をしてくれます。

そのため点火タイミングを変えてくれるのですが、本来の性能からは異なるので出力が下がってしまいます。

一般的には10%ほど性能が低下すると言われています。

普段からガソリンの値段に一喜一憂している人は10%も燃費が悪くなると考えたら絶対にやめたほうがいいということをわかってもらえると思います。

軽自動車に「軽油」は絶対にダメ!!!

最後にこれだけは伝えておきたいのですが、ガソリンが逆を入れても大丈夫なら軽油でも大丈夫じゃないの?と思った人がいたら困るので言っておきます。

絶対にダメです。軽油はガソリンとは全く別物です。レギュラーとハイオクの違いなんて目じゃないくらい違います。

こちらの入れ間違えはエンジンの不具合に直結するので絶対にしないでください。

もし身近な人が「よくわからないけど、軽自動車だから軽油でいいか」と行動しようとする人がいたら全力で止めてくださいね。

車のガソリン燃料の入れ方

 

 

 

-車知識

Copyright© Fun!CAR , 2019 All Rights Reserved.